【日本伝統工芸品・尾張七宝】七宝焼き窯元 田村七宝工芸 作家 太田美由紀(おおたみゆき)

作家 太田美由紀 -Miyuki-


東京にて生まれる。大学は多摩美術大学へ通い、
卒業後、太田丈雅(田村丈雅)と結婚し田村七宝工芸にて従事。

毎年作品を発表し、愛知県知事賞、
東京都知事賞など数々の賞を受賞。

雪解けをデザイン化し幾何学模様にするなど、
前衛的なデザインの作品に好評を得ている。
青色の釉薬を使った作品が多いことから、
「美由紀ブルー」と呼ばれている。

女性の七宝焼制作団体、
「大和撫子+(やまとなでしこプラス)」代表。
東日本大震災復興支援のため、
岩手県陸前高田市の「奇跡の一本松」の額制作。
削られた木片にてお守り作り、現在も募金活動中。

先人たちの技術を習得しつつ、
今後も様々な制作活動を通して、
七宝焼の可能性を追い続け高めていきたい。

【怒涛飛沫文様七宝花瓶 / 太田美由紀 作】
作家 太田美由紀の作品が、
七宝焼新作展にて「あま市議会議長賞」を授与しました。
作品に関してのお問い合わせは▷CONTACTページより。

略歴

昭和

56年多摩美術大学 絵画科(油画専攻)卒

平成

11年第33回日本七宝作家協会国際展初出品初入選
12年第34回日本七宝作家協会展 協会会長賞受賞
13年第35回日本七宝作家協会国際展 奨励賞受賞
第32回東海伝統工芸展にて初出品初入選
14年第36回日本七宝作家協会国際展 奨励賞受賞
東海伝統工芸展にて入選
15年日本七宝作家協会国際展(奨励賞)
東海伝統工芸展にて入選
「新世紀ー七宝ー2003」
札幌芸術の森出品
日本七宝作家協会展
「選抜鳥取展2003」鳥取県立博物館出品
16年日本七宝作家協会国際展(奨励賞)
東海伝統工芸展にて入選
17年東海伝統工芸展にて入選
18年「枝垂れ柳文様七宝花瓶」七宝町七宝焼新作展にて愛知県知事賞受賞
東海伝統工芸展にて入選
19年東海伝統工芸展にて入選
20年東海伝統工芸展にて東海伝統奨励賞(岐阜高島屋賞)
21年第42回日本七宝作家協会国際展 東京都知事賞
東海伝統工芸展にて入選
22年東海伝統工芸展 名古屋市教育委員会賞受賞
23年東海伝統工芸展 名古屋市長賞受賞
24年東海伝統工芸展にて入選
25年東海伝統工芸展にて入選
26年東海伝統工芸展にて入選
27年東海伝統工芸展にて入選
28年「怒涛飛沫文様七宝花瓶」七宝町尾七宝焼新作展にてあま市議会議長賞
東海伝統工芸展にて入選
29年東海伝統工芸展にて入選
30年東海伝統工芸展にて入選
31年東海伝統工芸展にて入選

令和

1年東海伝統工芸展にて入選
1年天皇皇后両陛下の令和初の地方訪問にて七宝アートビレッジにお越しくださり、七宝焼の絵柄を純銀線で描く工程(植線)についてご説明させていただきました
2年東海伝統工芸展にて入選

作家 美由紀の
作品を見る