商品カテゴリー

  • 注目商品

    田村七宝工芸の七宝焼注目商品。 「デザインが出来る宝石」「宝石で絵を描く」とも形容される伝統工芸、七宝焼。 金、銀、瑠璃、珊瑚…七つの宝物を散りばめるほどに美しいとされる七宝の繊細で華やかな色彩は、力強く上品に煌めきます。 

  • 【七宝焼】棗

    七宝焼の棗作品。 抹茶を入れ茶器として知られる棗ですが、これは通常木製漆塗り素材の蓋物容器を指し、かつて千利休が好んだとされる無地黒塗のシンプルなもの、その後に流行った蒔絵が施されたもの、いずれにせよ抹茶を入れるという用途から、木製や竹製の漆塗りが一般的です。 七宝で作られた棗は染料として用いる釉薬に鉛を含むため、抹茶入れとしての使用目的はなく、飾り茶器として。 壺や花瓶と比べて小ぶりなサイズ感で、どのような場所でも置きやすく、あらゆる空間を飾れる棗。(全て中棗の規格です) 上品で豊かな色味に彩られた七宝焼の棗は、その空間をより一層階華やかなものへと変えるでしょう。 

  • 【七宝焼】合子

    七宝焼の合子作品。 香合や化粧用品等の小物入れとして知られる合子ですが、古代エジプト時代や中国殷代、日本では古墳時代の副葬品としても出土するなどその歴史は古く、古来より蓋物容器として親しまれてきました。 七宝焼の合子は彩り豊かで銀線や銀箔が煌めき、小物入れとしての用途を備えながら部屋を華やかに飾る装飾品としても最適な一品。 

  • 【七宝焼】八角

    七宝焼の八角作品。 保存容器、蓋物の小物入れとしてしばしば目にする八角。少しクラシックで落ち着いた雰囲気のある八角形のフォルムは、上品で華やかな印象を与えます。 七宝焼で作られた八角は彩り豊かで、入れ物としての機能を備えながら視覚的にも楽しめるため、装飾器としても最適です。 

  • 【七宝焼】花瓶/壺

    七宝焼の花瓶や壺。 七宝で彩られた花瓶を部屋に一つ置くだけで、自分の中の感性と美意識が日々の生活の中で培われます。良いものや美しいものを目に留められる生活は、人の内面を豊かにしてくれるでしょう。 作家の経験や人生、七宝焼がこれまでに繋いできた歴史をも感じられる、本物の伝統芸術に触れられる生活を。   

  • 【七宝焼】イヤリング/ピアス

    七宝焼のイヤリングやピアス。 尾張七宝の伝統工芸職人により、七宝焼の伝統技術を用いて作られたイヤリングとピアスの作品の数々は、この世に唯一無二の装飾品となります。 純銀線や銀箔、金箔を用い、クリスタルガラスで彩られたその美しさは、七宝焼という伝統芸術の技の賜物。 七宝の非常に手間のかかる作業工程から創り出される輝きは、見た者の目を奪うことでしょう。 

  • 【七宝焼】七宝額絵(額縁付き)

    田村七宝工芸の七宝焼額絵作品(額縁入り)。 七宝の鮮やかな色彩と銀線の煌めきが部屋を華やかにします。季節や気分に合わせて印象的に部屋を彩ることができる七宝額絵で、日々に伝統と芸術を取り入れることができます。 額絵は平面作品なので台の上に立てかけて飾ることも壁にかけることもでき、どんなお部屋でも飾りやすいコレクション。 七宝焼は、全てフレーム額縁に入れた状態でお届けします。 

  • 【七宝焼】香合/ボンボニエール

    七宝焼の香合、ボンボニエール作品。 茶事において茶室に香を焚くため、もしくは焼香や抹香入れなどに用いられる「香合」。 宮中宴会の記念品として親しまれる、皇室ゆかりの菓子器「ボンボニエール」。 七宝焼のボンボニエールは釉薬の都合上菓子入れとしての使用はできないので、飾り器や宝石箱として。 

  • 【七宝焼】ネックレス/ペンダント

    七宝焼のネックレスやペンダント。 尾張七宝の伝統工芸職人により、七宝焼の伝統技術を用いて作られたネックレスとペンダントの作品の数々は、この世に唯一無二の装飾品となります。 純銀線や銀箔、金箔を用い、クリスタルガラスで彩られたその美しさは、七宝焼という伝統芸術の技の賜物。 七宝の非常に手間のかかる作業工程から創り出される輝きは、見た者の目を奪うことでしょう。