田村七宝工芸について

七宝焼とは?

宝石で描写される超絶技巧の世界

「宝石で絵を描く。デザインされた宝石」
というイメージが一番形容として合う。

宝飾品として発祥

「七宝焼」は愛知県七宝町(現・あま市七宝町)発祥の伝統工芸品。金属にクリスタルガラスを焼き付ける工芸品で、ロクロを回す土、セラミックなどとは歴史、用途、素材共に大きく異なる。ロクロ系の陶芸、陶器製品は日用品から派生して現代に至るのに対し、七宝焼は原初より美術宝飾品として栄えた。

金属とガラスの合体工芸

七宝は素材から見ても用途を見ても「陶芸」ではなく、金属を使うからといって「金属工芸」でもなく、クリスタルガラスを使うからといって「ガラス工芸」でもない。金属工芸とガラス工芸をあわせた合体工芸「七宝工芸」という独立ジャンルになる。七宝焼は工芸品の中では珍しく、宝石と同様に物品税がかかっていたこともある。

絵柄の秘密

素地に銀、銅などの素材を使用し、その上にリボン状の純銀線を立てて絵柄を描く。この手間のかかる作業を行うことにより、より繊細なデザインが可能となる。線自体も銀でできているためキラリと光る線画が特徴だ。

ニュアンスをつけるのに銀箔、金箔を使用する。七宝の絵の具にあたる釉薬(ゆうやく)は、クリスタルガラスを砂状に粉砕したものを使用する。この色鮮やかな釉薬により、色彩豊かな工芸品となる。

計算美で魅せる

「焼いて出すまで何が出てくるかわからない」といった偶然美はなく、すべてが計算美で完成する。どの作品も、工程ごとに焼成を行うため、完成までに8回程度焼くこととなる。

手間と時間がかかる工芸ではあるが、その鮮やかな色合いや艶、色あせない輝きは世代を超えて愛されている。

田村七宝工芸

愛知県七宝町(現在 あま市七宝町)発祥である七宝焼は、経済産業省指定の日本の伝統工芸品であり「尾張七宝」と呼ばれ、とりわけ技術力が高いとされる工芸品の一つです。

田村七宝工芸は七宝町にて1883年より代々続く七宝焼の窯元で、現在の当主は四代目の田村丈雅(Takemasa)。

伝統を守りつつも革新を続け高い技術力を守ってまいりました。色褪せることのない美しさ、艶、歴史、そして数少ない職人の伝統技術を、後世へ。

田村七宝工芸の商品一覧へ