コレクション: 【七宝焼】棗

七宝焼の棗作品。

抹茶を入れ茶器として知られる棗ですが、これは通常木製漆塗り素材の蓋物容器を指し、かつて千利休が好んだとされる無地黒塗のシンプルなもの、その後に流行った蒔絵が施されたもの、いずれにせよ抹茶を入れるという用途から、木製や竹製の漆塗りが一般的です。

七宝で作られた棗は染料として用いる釉薬に鉛を含むため、抹茶入れとしての使用目的はなく、飾り茶器として。

壺や花瓶と比べて小ぶりなサイズ感で、どのような場所でも置きやすく、あらゆる空間を飾れる棗。(全て中棗の規格です)

上品で豊かな色味に彩られた七宝焼の棗は、その空間をより一層階華やかなものへと変えるでしょう。